最近の記事 最近の記事

月別アーカイブ 月別アーカイブ

リンク リンク

プロフィール プロフィール

hi-de

Author:hi-de
お出かけ報告


ブロとも申請フォーム ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Timberline Timberline Timberline
旅人のことば別館、report編


スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


奥穂高岳 【2006/08/06 14:15】 お出かけ報告
奥穂高岳に登ってきました
アルプスに限らず、山に行くこと自体が4年ぶりだったので
単純往復、一泊の山行でした

奥穂への道は、たくさんありますが
縦走しないで登るだけなら、一番ポピュラーなのは
上高地から涸沢を経るルートではないでしょうか

過去にも穂高の稜線は縦走していますが
この王道とも言える、表から訪れるのは初めてです
上高地までは夜行バスの、さわやか信州号です
新宿から乗って車内で眠っていると、翌朝上高地に着いている
・・・はず、だったんだけど
5年以上利用しない間に変わってしまったのか、それとも
混雑期で低公害車が確保出来なかったのか
(バス車両は何とか交通とかいう名前の、いかにも混雑期の応援部隊)
手前の沢渡で車両の乗換えがありました

上高地バスターミナルで準備を整え
靴ひもをしっかりと結んで、出発です
しばらくの間は、遊歩道のような道を梓川沿いに進みます
久しぶりなので、ザックがとても重く感じ
ペースも少し、ゆっくりめに歩きました

☆写真はサムネイルです、クリックしてお楽しみください☆

101.jpg
途中の道沿いでは、ホタルブクロも励ましてくれます

102.jpg
空と葉が池に映りきれいでした

103.jpg
槍ヶ岳方面との分岐、横尾に着きました。
ここまでは、遊歩道のような道ですが
ここから先は、本格的な登山道になっていきます

105.jpg
横尾から約2時間、涸沢の真下辺りは
まだ雪がたくさんあります

106.jpg
ときどき、お花畑も顔を出します
高山植物との出会いも、登山の楽しみのひとつですね

107.jpg
ザイテングラートと名付けられた尾根を
険しい岩を横に見ながら、どんどん登っていきます

108.jpg
ハシゴ場の登場です、気を引き締めて登れば
奥穂の山頂は、もうすぐです

109.jpg
奥穂の山頂から見るジャンダルム
受け入れる者を選ぶ、厳しさと迫力があります
僕は見るだけですが、西穂からあれを越えて来る人も中にはいるんです

110.jpg
日が沈んでいく、夕食後のひとときです

111.jpg
辺りが暗くなり、山小屋にも明かりが灯ります
そして、就寝

112.jpg
夜明け前の空に、まだ星が残っていますが
早い人はもう、小屋発ちしているんですよ

113.jpg
御来光です、少し雲に隠れていますね
奥穂への登頂に感謝し、無事な下山を祈りました

114.jpg
日の出に気をとられていると
実は反対側もキレイだったりすることもあります
朝陽を受けた岩肌が、モルゲンロートに赤く染まっていました

115.jpg
日の出直後は目まぐるしく風景が変化します
雲、山並み、そして雲、また山並みです

116.jpg
同じルートでまた、上高地に下りました
さっきまで僕がいた穂高連峰は
いつの間にか、河童橋のはるか向こうに・・

また来るからね

お気に入りの場所 【2006/05/06 13:58】 お出かけ報告
野反湖への一本道、国道405号線(野反ライン)は
冬の間は閉鎖され、湖も凍ってしまいます。
そして、この時期
氷が融けはじめ、顔を出した緑との調和が美しく
毎年、訪れています

今年も5月5日に行ってきました
前日の夜に出発し、途中で尻焼温泉に寄り道です^^
尻焼温泉には川の湯という、堰き止めた川全体が温泉になっているところがあり
山の中で味わうダイナミックさは格別ですが
事前情報によると、直前に降った雨と雪解け水の影響で
しばらくは利用できないとのこと・・・
でも、川の脇に源泉を引き込んだ小屋があるので
川の湯がダメなら、そっちに入ろうと思い寄り道。
結局、小屋のほうに入りました^^

温泉に入っていると、辺りが明るくなり始めてきたので
着替えて野反湖に向かいます


野反湖に着きました、ほとんど融けちゃっている年もありますが
今年はしっかり残っていて、いい感じ^^
早速、お湯を沸かしてコーヒー、ついでにカップラーメンも作りました

2.jpg
一息ついたあと、秘密のお気に入りビューポイントに移動しました

3.jpg
陽も差し込んできました

4.jpg
雪を踏みしめて、湖畔まで歩いていくこともできます

この後の予定は決まっていません

そうだ、万座温泉に行こう
善(誰?)は急げです♪

5.jpg
途中の白砂ダムには桜も咲いていますが
毎年ピークは過ぎちゃっています^^

6.jpg
ちょっと色が褪せていますが、元気に泳いでいます

7.jpg
ここも毎年訪れる、品木ダム
ここの川は強酸性なので、一旦ここで中和させて下流に流します
神秘的な色というより、バ○クリンのようです^^

8.jpg
白根火山を過ぎて、クルマはどんどん登っていきます

9.jpg
せっかくなので展望を楽しみに渋峠まで行きました
渋峠は、国道最高地点でもあります

10.jpg
万座温泉に行くときは、いつもここです

このあと、浅間山を横に見ながら軽井沢を抜けて帰りました

前半の品木ダムまでは、毎年恒例のようなコースです
恒例なので、さすがに新しい発見は特にありませんが
変わらないものを見て安心する旅もいいですね
今年も来たぞ~、って^^





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。