最近の記事 最近の記事

月別アーカイブ 月別アーカイブ

リンク リンク

プロフィール プロフィール

hi-de

Author:hi-de
お出かけ報告


ブロとも申請フォーム ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Timberline Timberline Timberline
旅人のことば別館、report編


スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イラン旅行② 到着編 【2007/03/17 16:06】 お出かけ報告
前回の続きです

夜に名古屋を発ち、ドバイ(アラブ首長国連邦)に着いたのは、翌早朝です
約3時間の乗り継ぎ待ちのあと、さらにテヘランへと向かいます
ドバイ-テヘラン間という、イスラム国同士のフライトでは
すでに機内も、イスラムムード満点です(当然ですね~)

テヘランに到着したら、入国の諸手続きを済ませます
窓口が混雑していたので、少し時間がかかりましたが
手続き自体は、たんたんと事務的にクリアしました

ゲートから足を踏み出し、晴れてイラン入国です!!

時間は午後2時くらい
まずはテヘランの中心街へ出て、宿を探します
到着したエマーム・ホメイニー空港は
一日に数便しか発着しない、マイナーな空港のため
エアポートバスや、路線バスなどは一切無く
タクシーのお世話になるしか、移動手段はありません・・・
空港からテヘラン市内までの距離は約50km
一律90000リアル(約800円)、1時間くらいで着きました

41.jpg
テヘラン市は言わずと知れたイランの首都で、人口650万人
4000m級の峰々が連なる、アルボルズ山脈の麓に広がる大都市です

事前にガイドブックで調べておいた、第一候補のホテルに飛び込んでみます
部屋を見せてもらい、料金も納得なのですんなり決まりました
(中級ホテルで、1泊約4000円)

部屋に荷物を置いて身軽になったら、さっそく街へと出発です
翌日は、バスでエスファハーンへ移動する予定のため
下見を兼ねて、バスターミナル方面の地下鉄に乗ります
地下鉄は距離に関係なく、一回の乗車が7円(安いね~)

155.jpg
バスターミナルは、円形の建物を囲むように
各バス会社ごとのブースがあり、それぞれの会社の係員が
行き先を大声で告げながら、客を呼び込んでいます
このムードなら、予約は必要無さそうなので
翌日のチケットは買わずに、バスターミナルを後にします

お腹が空いてきたので、食堂のようなお店が
並んでいる通りを歩きながら、見てまわりますが
すべてペルシア語なので、一切読めません^^
困っていると、ある店のにいちゃんに
“ウチの店で食っていけよ”なんて感じで呼び込まれます

その店も、やっぱりペルシア文字ばかりだったのですが
厨房の中に入れてもらい、並んでいる鍋の中を見せてくれたので
その中から豆がたくさん入っている、赤いスープを選び
目に付いたバターライスも指をさして注文しました
いつもだったら、ここでビールを飲む場面なのですが
イランには、厳しいアルコール規制があるので一滴も飲むことができません
(街中で手に入れることも、国外から持ち込むこともできません)

豆のスープは薄いカレーのような感じで
バターライスとよく合い、美味しかったです(100円程度でした)
結構、量がたくさんあったのでお腹いっぱいになりました

42.jpg
市内には、このような絵が描かれた壁や看板が、たくさんあります

夜になると、イスラム国らしいカラフルなネオンに彩られて
街はいっそう華やかさを増していきます
治安はとても良く、夜の街も安心して歩けそうです
街角のパン屋で、砂糖のかかったパンを買って歩きながら食べました
先ほどいっぱい食べて、お腹が空いていなかったので軽い夕食です

ストリートごとに、同じような物を売る店が集中しているので
予め買うものが決まっている場合は、比較できて便利そうですが
僕みたいに、ぶらぶらと歩いているだけの人にとっては
その一角を抜けるまで、同じような店が続くので退屈かもしれません
しっかりとしたカメラ屋も、たくさんあるので
何か忘れ物をしたときに、だいたいの撮影小物は手に入ります

その後、宿に戻りノンアルコールビール(悲しい・・・)を飲みながら
一日を振り返りながら寝ました^^

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。